婚約から結婚へ

将来を誓い合ったカップルにとって結婚は新たな人生のスタートの始まりです。その結婚を意識づける重要なきっかけが婚約です。今まで結婚をしたいという気持ちはあっても、実際に行動に移すきっかけがありません。しかしプロポーズを受けて結婚の意志が双方でまとまった場合、結婚に向けて一気に話が加速します。

婚約は二人にとって結婚の第一歩です。なぜなら婚約する際にはプロポーズと共に婚約指輪を用意する事が多いです。
婚約はお互いの結婚の意識固める事につながり、結婚への準備へと進んできます。結婚するのは役所に婚姻届を提出する事で簡単に行う事ができます。しかし実生活では、両親への報告と了承をもらう事や結婚式や新婚旅行の準備、新居の準備など様々な事があります。
婚約をした場合は家族や親せき、会社や友人など周囲の人たちに報告をする事になります。周囲の人からはお祝いの言葉をもらい、一気に結婚をするという意識が高まります。

婚約をするという事は注意に結婚の意志を公表する事につながります。結婚に向けて準備を始め、新しい人生のスタートを迎えようとしています。交際から結婚に移行するきっかけとして婚約はとても重要な役割をしていると言えます。