両家への挨拶

結婚の意志がお互いあるカップルが、結婚に向けて第一歩を踏み出す大きなきっかけが婚約です。
婚約は役所に書類を提出するなど決まった形式がありません。そのためどのような形で婚約を示すのかは人によって異なります。
婚姻通知状を作成して公の場で発表する人もいれば、周囲に知らせるのみにする人もいます。結婚は二人の意志が大事ですが、その次に大事なことはお互いの両親への報告です。

男性からプロポーズをされてOKと返事をした場合、二人の間で婚約が成立します。近い将来結婚をする為に、一つ一つ準備を始めていきます。
そこで最初に行う事が両親への報告です。結婚や両家の結びつきとも言われ、結婚後は双方の家族の冠婚葬祭などお付き合いが増えてきます。そのためお互いの両親が結婚を受け入れる事が最初の難関と言えます。
急な事では家族も驚くことが優先してしまう為、事前にそれぞれの両親にはお付き合いしている人がいる事、真剣に結婚を考えている人である事を伝えておくといいでしょう。いざ相手を紹介する際に、両親も心の準備がしやすいです。

婚約は両家にとってとても喜ばしい事です。その婚約の儀式は双方の家族で納得いく形を取るようにしましょう。結婚後の関係性にも関係してくることなので、十分話し合って決めましょう。