婚約から結婚へ

将来を誓い合ったカップルにとって結婚は新たな人生のスタートの始まりです。その結婚を意識づける重要なきっかけが婚約です。今まで結婚をしたいという気持ちはあっても、実際に行動に移すきっかけがありません。しかしプロポーズを受けて結婚の意志が双方でまとまった場合、結婚に向けて一気に話が加速します。

婚約は二人にとって結婚の第一歩です。なぜなら婚約する際にはプロポーズと共に婚約指輪を用意する事が多いです。
婚約はお互いの結婚の意識固める事につながり、結婚への準備へと進んできます。結婚するのは役所に婚姻届を提出する事で簡単に行う事ができます。しかし実生活では、両親への報告と了承をもらう事や結婚式や新婚旅行の準備、新居の準備など様々な事があります。
婚約をした場合は家族や親せき、会社や友人など周囲の人たちに報告をする事になります。周囲の人からはお祝いの言葉をもらい、一気に結婚をするという意識が高まります。

婚約をするという事は注意に結婚の意志を公表する事につながります。結婚に向けて準備を始め、新しい人生のスタートを迎えようとしています。交際から結婚に移行するきっかけとして婚約はとても重要な役割をしていると言えます。

結納はする?しない?

結婚を誓い合ったカップルにとって婚約は結婚に向けての第一歩と言えます。プロポーズを受けて婚約指輪をもらう事が定番となっていますが、その後の婚約に対する形式の違いがあります。

婚約を重んじる場合は、結納を挙げる事が多いです。結納といえば仲人を立てて、結納の儀に必要な結納飾り、目録、家族書や親族書、結納を行う会場とお食事など様々な準備が必要です。代々継承を重んじる家系では結納を行う場合が多いです。
また結納でも仲人までは立てずにホテルなどで行うプランなどを活用する人もいます。

実際には結納はどの程度行われているのでしょうか。結婚した夫婦に調査した結果7割の人が結納をしていないことがわかっています。結納に掛かる費用が高いという事と、そこまで形式にとらわれないカップルが増えてきていることが上げられます。

もちろん結納を行う事にメリットやデメリットがあり、決断するのは夫婦の意見が大事です。しかし地域によって大きな違いがあり、九州地方では今でも5割近くのカップルが結納を挙げています。
関西や関東の都心部では20%以下しか結納を行っていません。地域性やそれぞれの家族の意見などによって異なる為、お互いにしこりを残したまま結婚を迎え無いように納得した上で結納について話し合いをしましょう。

両家への挨拶

結婚の意志がお互いあるカップルが、結婚に向けて第一歩を踏み出す大きなきっかけが婚約です。
婚約は役所に書類を提出するなど決まった形式がありません。そのためどのような形で婚約を示すのかは人によって異なります。
婚姻通知状を作成して公の場で発表する人もいれば、周囲に知らせるのみにする人もいます。結婚は二人の意志が大事ですが、その次に大事なことはお互いの両親への報告です。

男性からプロポーズをされてOKと返事をした場合、二人の間で婚約が成立します。近い将来結婚をする為に、一つ一つ準備を始めていきます。
そこで最初に行う事が両親への報告です。結婚や両家の結びつきとも言われ、結婚後は双方の家族の冠婚葬祭などお付き合いが増えてきます。そのためお互いの両親が結婚を受け入れる事が最初の難関と言えます。
急な事では家族も驚くことが優先してしまう為、事前にそれぞれの両親にはお付き合いしている人がいる事、真剣に結婚を考えている人である事を伝えておくといいでしょう。いざ相手を紹介する際に、両親も心の準備がしやすいです。

婚約は両家にとってとても喜ばしい事です。その婚約の儀式は双方の家族で納得いく形を取るようにしましょう。結婚後の関係性にも関係してくることなので、十分話し合って決めましょう。

婚約とは

交際をしているカップルは、時期やタイミングや相性など様々な理由が重なると、結婚を意識します。
お互いに結婚したいねと言葉に出すようになることが増えると、自然といつかは結婚するのだろうという気持ちになります。その期間が長くなればなるほど、双方結婚したいのかなと不安になる人が多いです。

口にしても実際行動に移すことが無ければ、一向に結婚する事はできません。そこで結婚するまでの経過の一つとして大事なのが婚約です。
結婚というと結婚式を挙げる一緒に暮らすなどのイメージが湧きやすい人もいるでしょう。しかし婚約と聞くと人によって形式が異なる為、何をどうしたらいいのか分からなくなる人もいます。そこで婚約とは具体的にどのような事をするのでしょうか。

婚約とは将来結婚をお互いに誓い合う事を指します。二人が結婚に対して意識が高まり、第一歩を踏み出すきっかけになります。そして二人だけでなく、結婚の意志をお互いの両親や身内、知人などにも知らせるきっかけになります。

また婚約を形で残すために、プロポーズと共に婚約指輪を用意する人が多いです。受け取った女性はそのお礼を込めてスーツや時計など身に付けるものを渡す事が多いです。より形式にこだわる人は、結納や婚約通知状などを作成して家族や親戚だけでなく、公の場に婚約を通知する事もできます。
地域性や両家の考えなどによってどのような形式をとるのか異なりますが、結納まで行うカップルは減ってきています。一番オーソドックスな方法は、婚約指輪を渡し、お返しの品を返す事と、婚約を祝って両家で顔合わせのお食事会をすることが多いです。