婚約とは

交際をしているカップルは、時期やタイミングや相性など様々な理由が重なると、結婚を意識します。
お互いに結婚したいねと言葉に出すようになることが増えると、自然といつかは結婚するのだろうという気持ちになります。その期間が長くなればなるほど、双方結婚したいのかなと不安になる人が多いです。

口にしても実際行動に移すことが無ければ、一向に結婚する事はできません。そこで結婚するまでの経過の一つとして大事なのが婚約です。
結婚というと結婚式を挙げる一緒に暮らすなどのイメージが湧きやすい人もいるでしょう。しかし婚約と聞くと人によって形式が異なる為、何をどうしたらいいのか分からなくなる人もいます。そこで婚約とは具体的にどのような事をするのでしょうか。

婚約とは将来結婚をお互いに誓い合う事を指します。二人が結婚に対して意識が高まり、第一歩を踏み出すきっかけになります。そして二人だけでなく、結婚の意志をお互いの両親や身内、知人などにも知らせるきっかけになります。

また婚約を形で残すために、プロポーズと共に婚約指輪を用意する人が多いです。受け取った女性はそのお礼を込めてスーツや時計など身に付けるものを渡す事が多いです。より形式にこだわる人は、結納や婚約通知状などを作成して家族や親戚だけでなく、公の場に婚約を通知する事もできます。
地域性や両家の考えなどによってどのような形式をとるのか異なりますが、結納まで行うカップルは減ってきています。一番オーソドックスな方法は、婚約指輪を渡し、お返しの品を返す事と、婚約を祝って両家で顔合わせのお食事会をすることが多いです。